MOSTEC

地図、交通案内

お問合せ

サイトマップ

tel075-671-9015 fax075-671-8161 〒601-8333 京都市南区吉祥院東浦町6番地の1

ホーム

業務内容

製品案内

受注から納品の流れ

会社案内

お問合せ

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お問合せはこちらから

ブログ

いつの時代も、”ものづくり”は京都から。試作ネット

KES

ブログ

約1ヵ月ぶりの登場に成ります≪モスグリーン≫です。

今回は7月19日、20日、21日の開催される『豊橋祇園祭』の中で19日の

『手筒花火』を紹介させて頂きます。



手筒花火(てづつはなび)は、1メートルほどの竹筒に火薬を詰め、それを人が抱えながら

行う花火です。

手筒花火は、打ち上げ式ではなく吹き上げ式の花火で、その火柱が大きいものだと

10数メートルにもなります。


我が町愛知県豊橋市の吉田神社が手筒花火の発祥の地とされ、三河地方、静岡の

遠州地方で特に盛んです。


製造は、最初の竹を切るところから最後の火薬を詰めるところまで、全て自分自身の

手により行います。

点火すると、轟音と共にオレンジ色の火柱が上がり、仁王立ちの状態で放揚します。

最後には「はね」と呼ばれる衝撃音と共に手筒の底が破裂する爆発によって幕を

閉じます。(遠州地方の一部には「はね」がない事もあります)

私も初めて見たときには感動しました。

その感動を上手くお伝え出来なくて残念ですが

是非 皆さんも一度ご観覧して頂き、感動して頂きたいと思います。



2013年7月12日  7:49 PM |カテゴリー: 未分類

Page Top