MOSTEC

地図、交通案内

お問合せ

サイトマップ

tel075-671-9015 fax075-671-8161 〒601-8333 京都市南区吉祥院東浦町6番地の1

ホーム

業務内容

製品案内

受注から納品の流れ

会社案内

お問合せ

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お問合せはこちらから

ブログ

いつの時代も、”ものづくり”は京都から。試作ネット

KES

ブログ

またまた登場モスレッドです。


今回のお話は愛知県北設楽郡東栄町で毎年行われている

”花祭り”についてです。


この祭りは古くから行われているお祭りです。

説明は長くなるので詳しくは下記URLへ

http://www.town.toei.aichi.jp/hana/top/top.html


モスレッドは毎年この花祭りに参加させて頂いております。

かれこれ26年の付き合いになります。


この花祭りは夜通し行われるお祭りで盛り上がるのは

夜中に登場する、榊鬼(※場合にもよりますがAM3:00頃)です。


榊鬼(カッコイイでしょ?)


舞っている間は「テホヘ テホヘ」と鬼を囃し立てます。

長い間舞うので中に入っている人は大変です。

ヘトヘトになった鬼に「テホヘ」の囃子を変形させて「そら舞え! テホヘ」と鬼を帰しません。

この時ばかりは、有る意味観衆が”鬼”です。


祭りの終盤(昼頃)には更なる盛り上がりが”湯ばやし”です。


湯ばやし


この時も大変な盛り上がりになります。

画像では見えにくいのですが、舞庭に釜があり舞っている人が

手に持っている藁で釜の中の湯を振りかけてきます。

この湯を浴びると無病息災になると言われております。

わかっていても、毎年足元が泥だらけになります。


祭りの後は声がガラガラになります。(張り切って囃しているとこうなります・・・)

今年もモスレッドは声がガラガラになりました><


花祭りは3月まで東栄町の色々な地区で行われております。

お時間の有る方は是非参加されて大きな声で「テホヘ」をしてみてはいかがでしょうか?

結構気持ちのいいものですよ(^^)

あっ!かなり寒いので温かい服装がオススメです。

オススメといえば、夜空もすっごくキレイです。天然プラネタリウムです。


今年も終わった感満載のモスレッドでした。





2013年11月30日  5:53 PM |カテゴリー: 未分類

Page Top